忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/13 14:30 |
高島シェルター騒動:経緯(2008/09/24~2008/09/26)条例改正・抗議声明文の新聞折込・AAの動物保管業者登録

2008/09/24
期成同盟が県動管と「滋賀県動物保護管理条例改正」について懇談し「要望書」を提出した。

・期成同盟HP
「 「滋賀県動物保護管理条例改正」について、県動物保護管理センター等の方々と懇談し、また「要望書」を提出いたしました」
本日午後、県今津保健所2F会議室にて、動物保護管理条例の一部を改正する要綱について、県庁担当課および県動物保護管理センター等の職員の方々と懇談の場を持つことができ、当条例改正の概要の説明を受けました。
 また、「動物管理センターへの要望書」を提出しました。

動物管理センターへの要望書
動物愛護団体アーク・エンジェルズまたは林俊彦に係る動物取扱業の登録について
またしても、住民合意のないままに多数の犬が、酒波犬舎に持ち込まれました。頭数も健康
状態もなにも事前には知らされておりません。
去る9月15日の夜、高島市役所環境政策課職員が、施設内の関係者に、犬が持ち込まれる
かどうかを尋ねたところ、「持ち込むことはない」という返答があったばかりの強行行為です。
昨年11月の強行搬入以来、杜撰な排水処理、期成同盟役員への傷害事件など、地元民は
沸き上がる怒りを押さえることができません。
このような中、市環境政策課から、動物取扱業の登録申請が行われているという報告があり
ました。私たちは、決して動物愛護や登録制度を否定している訳ではありませんが、このよう
な状況下での登録ついては、十分慎重に検討していただきますよう要請します。
その理由ですが、刈り取った草を水路に流して下流集落で水が溢れました。本人は認めませ
んが逸走が3例目撃されていて、深夜に住宅の敷地に不法侵入したこともあります。施設内の
ドラム缶で野焼きをして、煙と異臭が風下に及んだこともあります。冬には施設内に積もった雪
を水路に捨てて、下流集落の住宅が浸水することがありました。そして、1月20日の傷害事件
等々、地元は多大の迷惑を被っています。
また、未だ施設整備が不十分です。犬舎内の排水は浄化槽で処理されますが、処理能力は
50頭が限界です。薬剤等毒性の物質は完全に処理はされないと考えています。ドッグランに
ついては、今までどおり地下浸透処理です。雨水についても、排除する場所がありません。騒
音、毛の飛散、逸走等についても、的確な防止対策が行われているようにもみえません。
そして、先日の闇にまぎれての強行搬入です。
こうしたことから、登録業務については、十分慎重に取り組んでいただきますことを切実にお
願いします。とりわけ、50頭を超える犬の糞尿処理について、適切な指導を要請します。
また、保管業の登録申請者は誰なのでしょうか。動物愛護団体アーク・エンジェルズは、犬
の所有権を争点とした訴訟で、「団体としての組織が整っておらず、団体としての意思決定がな
されていない。」と判決が出た団体であることを申し添えます。大阪市動物管理センターが、彼
らに対し、事実上犬の譲渡が受けられないうようにしている例もあることから、毅然とした対応
を期待します。
さて、どうして、九州の病犬を滋賀県が受け入れなければならないのでしょうか。事件を知っ
た者の素朴な疑問です。所在地の動物管理センターへの抗議と、今後の防止策を強く要望し
ます。
現在、MA 米に端を発して「汚染米」や「メラミン混入」問題が社会を席捲し、農林水産省の対
応が糾弾されています。こうしたことから、私たちは、彼らがもたらす環境被害から始まる、高
島発の近江米への国内流通における評価にも、大いなる危惧を覚えるところです。
県民生活の安全安心のため、人と動物とが共生する豊かな社会づくりのため、私たちの声に
耳を傾けていただきますよう心からお願い申し上げます。

2008/09/25
高島の関係サイトにてAAが行った犬の強制搬入に抗議して新聞折込を配布したことが報告される。
またシェルターの犬が130頭になったこと、
AAが動物保管業の業者登録を申請したことについて報告される。

・期成同盟HP
「新聞の折り込みに病犬搬入に対しての抗議声明」
2008年9月25日の朝刊に
新聞の折り込みで 病犬搬入に対しての抗議声明 を配布しました。
(新聞折り込み)
高島市民のみなさんへ  「9月25日朝刊に折り込んだ抗議声明」
高島市民のみなさまへ 「アーク・エンジェルズの病犬搬入への抗議声明」
去る9月16日(火)午後7時45分、またしても高島市今津町酒波地先に50頭を超
える犬が福岡県から持ち込まれました。作業員は、降雨の気配もないのに、全員が
白い雨具で身を包んで犬を運び入れていました。以前のものと併せると、既に100
頭を超える犬が飼養されています。
これまで、私たち地元住民は、犬舎とその周囲を常に不安視しながら、市の協力
により、周辺の水質、飛散物、臭気、騒音の調査による施設の動向を見守ってきまし
た。今回のように闇に紛れた搬入行為は、私たちの心を逆なでする許し難い行為で
あり、ふつふつとした怒りが抑えきれない状況です。
それに、この日は午後から滋賀県動物管理センターと市役所環境政策課の職員
が、検査のために施設を訪れていましたが、その帰りを待ちかまえていたかのように、
直後に施設内容に重大な変化をもたらす行動をとったものです。
我が国の法律では、直接的な犬や猫の飼養管理に制限や規制を加えることがか
なわず、県や市といった行政の限界を知る中、私たちは今回の暴挙に対し、改めて
林俊彦氏とその関係者が、当地において多数の犬を飼育することに強く反対を表明
し、林氏に対し怒りを込めて抗議するとともに、関係機関に下記を要望し、多くの
方々に私たちの行動に対するご支持とご支援を訴えるものです。

1. 林俊彦氏とその関係者は、酒波地先における多数犬の飼養を即刻中止するこ
と。
2. 高島市は、林俊彦氏に対し、今回の犬の搬入により合併浄化槽が処理能力を超
え下流域の環境に悪影響を及ぼすことを指摘し、適切な指導を行うこと、また、
指導内容について高島市民に対して公表すること。
3. 滋賀県動物管理センターは、林俊彦氏を動物取扱業と同等の行為をする者とし
て指導し、従わないときはこの施設において犬の飼育を認めないこととし、常時、
飼育頭数と個体識別の有無、感染症等病気の罹患状況、排水対策、今後の計
画、住民への情報提供のありかたを高島市民の誰にもわかる方法で公表するこ
と。滋賀県が病犬の捨て場にならないよう、対策を講じること。
4. 今津税務署は、酒波犬舎で行われる違法性を伴う事業活動に対して、厳正な税
務調査を実施し、公平な課税を行うこと。
平成20年9月24日
アーク・エンジェルズの進出反対期成同盟
(公式ホームページ http://no-aa.org/)

・期成同盟ブログ
「「アーク・エンジェルズの病犬搬入への抗議声明」―高島市民の皆様に訴えます」
アーク・エンジェルズの進出反対期成同盟は25日、高島市民に向けて、「アーク・エンジェルズの病犬搬入への抗議声明」9/24日付)と題する訴えを、高島市全域で新聞折込みにて配布いたしました。(略)
県動物管理センターによりますと、今回の新たな搬入によって「酒波犬舎」には現在、130頭の犬がいるとのことですが、この頭数で明らかなように、先だってAAsが設置した「7人槽の合併浄化槽」の処理能力(50頭まで)をすでに2倍以上も超えているということになります。浄化槽設置に当たって私たち地元住民と期成同盟が予てから懸念していた事態が、浄化槽稼動から僅か20日足らずで現実にになってしまったということです。(略)
AAs林氏が「100%ボランティアの動物愛護団体」から一転、動物取扱業(犬の保管業)の「登録申請」を滋賀県に提出したとのことです。

・期成同盟ブログ:コメント欄
「「アーク・エンジェルズの病犬搬入への抗議声明」―高島市民の皆様に訴えます」
管理人が書いた記事への訂正兼ねた追記となりますが、
まず、業者登録の件、
この9月16日に申請が受理されて、その翌々日18日に、
数種ある取扱業者細目のうち、
「保管業」許可がおりています。
県の見解としては、たとえば、薬事法違反あたりを引き合いに出して、
登録申請の却下判定の材料にと申し入れがあっても、
別の担当課の見解なり意見に基づいて今回の申請への判定適用の直接的な引用はできない、
ということのようで、
それは浄化槽の設置に対する評価にも同様で(こちらは高島市が担当ですが)
いわば他の部局によるその判定はさておいて、
といったところとなるとおり、
単なる登録手続き、そんな見解と理解しました。
結局、今回の場合は、業者登録を否定するに足る理由の存在がない、
とのことであります。
なお、個人を相手にするよりは、「個人の利害」を盾にされた際、
何かと阻害となる立ち入りや業務指導は、業者相手としての方が容易、
そんな認識のようでもありました。(略)
以上は、直接県のご担当に尋ねたことの転記に発した書き込みのつもりなんですが、
県の方々や同席の仲間の中で、表現的な間違いやら誤解を招く記述がありましたら、ご一報ください。
言葉足らずの日々だけは理解と自戒、覚える身でもありまする故(汗
投稿: genbe | 2008年9月26日 (金) 02時07分

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「業者登録」(2008.09.24)
16日に犬屋さん代表から県に出された業者登録
18日に許可が下りていたそうです。
取扱責任者は犬屋さん代表ではなくて他の人だということ、
これはどういうことなのかなぁ・・・
取扱業の許可には何か学歴とか実務経験とか、国家資格(そんなのあるのか?)みたいなものが必要なんでしょうか?
取扱責任者は業者の代表とはまた違うものなのかな?(略)
滋賀県の動物取扱業の登録については、
http://www.pref.shiga.jp/e/dobutsu/toriatsukai-touroku.html
動物取扱責任者の欠格事項については下記のとおりですね。
http://www.pref.shiga.jp/e/dobutsu/files/touroku/kekkaku.pdf

「130頭について」(2008.09.26)
犬屋さんの日記に現在130頭の犬かいると公表された。
それが事実かどうかは動管や市が確認してくれないと住民には確認のしようがないんだけどね。(略)
まだ強行搬入前の
このへんで 10頭につき1人のスタッフが必要だと言ってたけど、130頭なら13人のスタッフが必要だということになる。現在スタッフは13人なんて見当たらないよね。(略)
市が浄化槽についての説明に来た時、
7人槽の算出は犬1頭あたり10キロとして50頭で計算していると言っていた。>>これの7ページ目
仮に、5キロの小型犬だとすると100頭いけるって単純な計算になるけど、130頭だとかなりのキャパオーバーだよね。こんなんで市は許可だすんだろうか?(略)
今朝の朝刊で、私たちのメッセージを乗せたものが広告とともに配布されました。
拍手米には反対しているのは私たちだけのようなのがたくさんあるけど、
高島の人はみんな私たちをわかってくれています。いつも
「大変だね、がんばりやー」って励ましてくれてます。そしてとても心配しています。

・AAサイト 活動日誌
「お力をお貸し下さい。 (09/ 24)」
 (略)ARK-ANGELSの設立当初も、一時預かり様の力を借りて、5頭~10頭のレスキューが限界でした。
現在は、皆様からのご支援のおかげで、シェルターが実現致しました。
敷地面積から収容頭数300頭の保護は実現します。
あとは、ワン達のお世話をする人材です。
これが、なかなか難しい・・・・。現在130頭ほどの子がシェルターにいます。
交通の便が悪い所ですが、何卒お力をお貸し下さいますようお願い致します。(略)

PR

2008/09/26 00:00 | 高島シェルター騒動

<<高島シェルター騒動:経緯(2008/10/06~2008/10/21)デモ関連 | HOME | 高島シェルター騒動:経緯(2008/09/14~2008/09/18)犬の強制搬入前後>>
忍者ブログ[PR]