忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/13 14:28 |
高島シェルター騒動:経緯(2008/06/03~2008/06/27)

2008/06/03
期成同盟が行政に請求した情報公開が不可であったことについて、
住民が改めて「滋賀県情報公開条例」を考察する。
行政がAAよりであり県民軽視ではないかということで、再度の情報公開請求を検討する。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ

「情報公開請求情報公開請求」
『県への情報公開請求は年間六百数十件あって、そのうち99.2%の公開率だという。私たちの公開質問がそれほどまでにマト外れだということなのだろうか?』
『はやっさんの犬を介したアイゴ募金活動が、営利だろうが非営利だろうが、法人格を認められようがそうでなかろうが、貨幣経済社会の中で生計を営む個人事業には違いないところで、どうして除外項目が適用されないのかがまず理解できない。』
『私たちは、不用意な犬の多頭飼養がもたらす騒音悪臭に加えての感染症の蔓延や、薬剤等の場当たり使用の結果がもたらす環境汚染といった健康と生活の侵害を恐れているし、それらからの農産物の風評の害に加え、不要な化学物質の含有被害の発生に怯えているのが実態でもある。よって、県への情報公開請求は暮らしの安全の確認でもあれば、知る権利の行使でもある。』
『住民票をたしかめた訳ではないが、はやっさんは今も滋賀県民ではないそうだ。だとすれば、県民以外のプライバシーを尊重し、県民の利益の侵害が許されるここ滋賀は、21世紀を迎えるに当たり、県民と県が力を合わせの絵空事のタマムシ色をさておくは当然、真の地方自治の構築に向け一歩を踏み出すには絶望的な予感とともにある痴呆自治体だったのである。』


2008/06/13
因果関係は不明だが地元の環境に異変が見られはじめる。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「ビヂネスパートナー ?」
『犬屋施設の早朝五時からのテッテーショードクとやらでの施設廃液やら犬の糞尿タレ流しから?
施設隣接農業用水路には、今までなかった藻の繁殖が見えるあたりに住民不安はあるにしても、
その下流水系に儚げに舞う蛍を見ていると、今のところは、のオコトワリつきながらも被害は未満、』


2008/06/18
シェルターに獣医大生がボランティアに来る。

・AAサイト日誌
「若者から学ぶ日」
『本日、ボランティアで、某大学の獣医師のたまごちゃん達が4名入って下さいました。』
・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「医は仁術にあらず、医も犬屋も算術なり ?」
『犬猫の命と健康の一端を握ることとなる獣医大生ならば、
倫理的にも道徳的にもなおさらの行動抑制が伴いそうなものなのだが、
それは私の一方的な期待のしすぎ、といった類の感情に過ぎないのだろう。』


2008/06/22
期成同盟サイトより行政に請求していた情報公開の回答書が公開される。

・期成同盟HP
「浄化槽についての公文書公開請求 及び 回答」
『5月19日・6月2日 に 市に対しての情報公開を請求していましたが、
6月13日付で回答がありました。』
「浄化槽についての公文書公開請求 及び 回答 」
・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「とりあえずてきとうてきとう」 (2008/06/21)
『公式に出すものを、とりあえず、適当に・・ごまかしておこう・・ってのはダメだよ。』

<参考>
・おいでやす湖西
「AAの浄化槽問題」のスレッド


2008/06/26
行政がシェルターの視察を行い、犬の頭数と識別を確認、頭数が45頭と判明した。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「水の採取と現在の頭数」
『県の動物管理センターと市の担当課の職員2名が施設の視察を行ったようです。
頭数と識別を確認されたらしいのですが、昨日時点での頭数は 45頭 だったらしい。』
『某日記でも20頭が・・と書かれていたが、あれはどういう意味だったんだろう・・と疑問。』
・AAサイト日誌
「ロード」幸せに♪ (06/ 22)
『しかし、まだ20頭の子達が、里親様を待っている状態です。』

※AAサイト活動日誌の拍手コメントで「残り20頭とは疥癬犬の頭数である」との説明があった。


2008/06/27
シェルター付近数箇所の水質調査が行われる。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「水の採取と現在の頭数」
『市の職員さん、期成同盟数名立ち会いのもと、犬屋さん施設前、他数か所の水の採取を行いました。』

PR

2008/06/27 00:00 | TrackBack(0) | 高島シェルター騒動

トラックバック

トラックバックURL:

<<AA新拠点と保全犬のシェルター移動 | HOME | 高島の地目について>>
忍者ブログ[PR]